環境をつくる。

どう生活を組み立てていくか、の一環で
アルバイト環境に手を入れました。
慣れないことをしたのでだいぶ疲れましたが
私ってこんなに生きる力があったんだなと
自覚できたのはよかったです。

今まではわりと受身だったのですが
不安定な扱いを受けることがよくあって
「それでは困ります。やめてください」
と上司に抗議したのでした。

 

嫌だったらやめればいいじゃん
という考えもあるのだけど
どこへ行っても同じような気がしたので
今の環境を生かし切る方向でやってみることにしました。

もし今後別の環境に移るとしても
「どうせ○○だし」
みたいな諦めから離れられたのはよかったです。

 

人によると思うのですが
つくる人は作品だけではなく
つくるための環境づくりにも力を注いでいます。

いい作品をつくっていても
環境に対して無力なままでは
「生きている、人生をつくっている」
という感覚を持つことは
むずかしいのではないかな。

両方がうまくいったとき、はじめて
つくることとしあわせを感じることが
両立するのではないかな
と思うのです。

 

>春夏マフラー、オーダー受付中!(7月中旬まで)
>ショップはこちら。春夏マフラー、小物など

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。